本物?個人的“おすすめ心霊DVD”ランキング

夏の風物詩のひとつ、“心霊”。

かつては夏ともなればテレビで多くの心霊番組がオンエアされたが、今となってはそれも貴重な存在になってしまった。

もはや「心霊モノを見るならDVDレンタルをしろ!」といわんばかり。

私はオカルトや超常現象、UMA関連が大好きなのだが、クオリティが低いものは容赦なくけなす主義。。

フェイクは肯定するが、質が伴っていないと満足できないのである。
ということで、個人的におすすめな心霊DVDをランキングにしてみた。

スポンサーリンク

心霊とは?

心霊

心霊(しんれい)は「神霊」とも書き、サブカルチャーの世界では、超常現象あるいは超能力の意味として用いられる。もとは「精神」の意味で使われていた。1910年代の念写写真が「精神のなせる写真」という意味合いで心霊写真と呼ばれていたのだが、その後見世物としての幽霊トリック写真が流行した際、この言葉が広く使われ、心霊=幽霊という意味合いが定着した。

引用:Wikipedia

ブキミディック管理人がおすすめ?する心霊DVDランキング

現在、それは数え切れない程の心霊DVDが出回っており、なかには本物と思ってしまうクオリティのものもある。

しかし、世に出回っている多くの心霊DVDは“フェイク”作品。

なかにはこういった心霊DVDを本物と思い込み、たちまち記事において「これはフェイクです」と書こうものなら何の根拠もなしに口撃してくる輩もいる(当サイトのフェイクを題材にした記事において)。

私はフェイクを否定していないし、むしろ肯定しているのだが、現状の心霊DVDの多くはお世辞にも良質なフェイクと呼べるものが少なく、ハッキリ言ってやっつけ仕事としか思えないお遊戯レベルの作品が多い。

だが、もはや心霊DVDはそういったフェイク作品たちを鼻で笑いながら見るのがもっともオトナな対応なのかもしれない。

以下に個人的におすすめの心霊DVDタイトルをランキングにして紹介しているが、本物を見たいという理由から購入およびレンタルすることはおすすめできない。なぜならどのタイトルもフェイクで構成されたドキュメンタリーもしくはモキュメンタリーだからだ。

それでは個人的におすすめな心霊DVDランキングを。

 

おすすめ心霊DVD 第1位:「闇動画」

オカルトはもちろんこと、さまざまな分野を切り口にしている点がおもしろい。
が、リリースペースが極端に遅くなったどころか、現在は継続すら危ぶまれているシリーズに・・・。

身近で“起こりそうな出来事”をネタにしているため、新鮮味が感じられるシリーズになっている。


スポンサーリンク

基本的にフェイクで構成されているタイトルだが、オカルトにおける専門知識も混ざるなど、意識の高さが伺える。かつてはほん呪がトップに君臨していたが、現状でクオリティを維持しているのは闇動画かもしれない。

ぶっ飛んでいるものもあるため思わず笑ってしまうこともあるが、十分に楽しめるシリーズなので心霊DVDとしては個人的にもっともおすすめだ。

 

おすすめ心霊DVD 第2位:「封印映像」

実質、闇動画とクオリティは変わらない。
が、演出がややウソ臭い印象を受ける心霊DVDシリーズのひとつ。

色々とダメだししたい箇所はあるのだが、提供するネタのセンスは抜群といっていい。

ありきたりなタイトルが揃っているものの、「これは新しい!」と唸らせてくれるものも。

こちらもフェイクで構成されているが、手間と時間をかけている様子は伺える。

ほん呪スタッフが関与している巻もあるので、同作品のファンは入りやすいおすすめの心霊DVDかもしれない。

 

おすすめ心霊DVD 第3位:「心霊玉手匣」

誰もが認めるほん呪の岩澤が監督をつとめる心霊DVDシリーズ。

まだ、タイトル本数は少ないものの今後十分に人気シリーズになる予感をもてたのだが、ほん呪ほどのヒットとは言えなかった。

しかし、岩澤の世界観が存分に感じられ、怖いというよりも“不思議”なストーリーに仕上がっている印象。
これが同心霊DVDシリーズがおすすめの理由。

ドキュメンタリーライクというわけではなく、作品になっているのも彼のコンセプトなのだろう。

言うまでもなく、菊池が監督したほん呪よりもは楽しめるタイトルである。

 

おすすめ心霊DVD 第4位:「ほんとにあった!呪いのビデオ」

このタイトルはもはや説明不要だろう。

言わずと知れた心霊DVDの金字塔だ。

そのため、ランキングから除外しようと思ったのだが、今後の再起を期待する意を込めて入れることにした。

最近はマンネリ化している感が否めず、監督が菊池になったことで、迫力とクオリティが著しく低下している。

いかにも“合成”チックなものが多く、もはやスタッフのやりとりだけを楽しむ作品に・・・。

とはいえ、ほん呪ファンの数は多いので不動の人気心霊DVDシリーズであることは言うまでもない。

菊池が覚醒すれば、岩澤を超える作品が生まれるだろうが、その菊池がとうとう制作から降ろされてしまった。

 

おすすめ心霊DVD 第5位:「放送デキナイ禁断霊映像」

全体的にクオリティは低い・・・
だが、スタッフのやりとりが面白い心霊DVDシリーズ。

言ってしまえば、バラエティ要素が高いのだが、“放送できない”ものを提供するという部分は評価したい。

ネタそのものはいいと思うのだが、やや演技臭さが目立つのが残念なところ。

今後のクオリティ向上に期待したい。

 


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブキミディックとは

世界のあらゆる“不気味な情報”を管理人独自の視点でアップしていくサイト。ほら、あるじゃないですか?世の中には不気味な人、不気味な場所、不気味な画像。 ただし、当サイトは“不気味な情報”のみを専門に取り扱うものの、グロテスク関連ものを掲載するアングラ系ではありません。あくまで不気味な情報を掲載するコンテンツです。 それではごゆるりと。

Twitter@ブキミディック

管理人:comy

触れられるものはいつか滅びる。だからこそ、今目にしているすべての物事を自身のモノサシで測ってはもったいない。引き出しが足りないなら増やせばいいだけ。ありきたりな日々を作っているのは自分自身だ。

Link

return top