2月2日OA「さんま御殿」に映った“心霊”は演出なのか?

sanmagoten

時としてオカルトとはまったく無縁のバラエティ番組に“心霊”が映りこんでしまうことがある。

そんな騒動が2016年2月2日に放送された「踊る!さんま御殿!!」で起こった。

「霊感がある友人を引越し先に呼んだ時の話」というVTRにそれらしきものが映りこんだと話題になった。

その心霊のようなものはハッキリとVTRに映りこんでいるため、“演出”との声もあるのだが果たして・・・。

そこで今回は2月2日にオンエアされた「踊る!さんま御殿!!」に写りこんだ心霊が演出なのか追求することとした。

スポンサーリンク

VTRに映りこんだ“心霊のようなモノ”

何はともあれ、まずは2月2日にオンエアされた「踊る!さんま御殿!!」における問題のVTRをご覧いただこう。

これがそのVTRのキャプチャーだ。

 

6270b5b3
image: dokujyoch.net/

 

確かに女性の右側背後に心霊のようなものが映りこんでいる・・・。
それもハッキリと女性の霊だとわかる形で。

このVTRのキャプチャーは瞬く間にネット上に拡散し、Twitterなどで注目を集めることになった。

さて本題になるが、この踊る!さんま御殿!!に映りこんだ心霊のようなモノはホンモノなのか?それとも演出によるものなのか?

2月2日の踊る!さんま御殿!!をしっかり視ていた方ならその答えはお分かりのことと思う。

ホンモノなのか演出なのか、その答えはこのVTRの“内容”にあった。

スポンサーリンク

2月2日OAの「踊る!さんま御殿」の“心霊”は演出なのか?

2月2日にオンエアされた「踊る!さんま御殿!!」を視ていない方からすれば、映りこんだとされる心霊の正体がホンモノなのか演出なのかを断言できないはずだ。

では、2月2日分の「踊る!さんま御殿!!」はどういったテーマを扱っていたのか。

同日の放送分のテーマは、「今私が過敏に反応してしまう言葉」

そして、問題の“心霊のようなモノ”が映りこんだVTRの内容は、鹿児島県霧島市のたりーさんからの投稿で、「霊感の強い友達を引っ越し先に呼んだ時の話」というものだった。

つまり、心霊との関係性が大いにあるVTRだったのである。

その内容はたりーさんが引越しした住居はいわゆる“激安物件”で、霊感のある友達を部屋に招いたところ、その友達は違和感を覚えると頭を押さえた。そして、その友達はこの部屋に危険を感じ、帰り際に「気を付けるんだよ?」とたりーさんに声をかけ部屋を去っていった、という話。

その再現VTRに心霊のようなもの(先ほど紹介したキャプチャー)が写りこんでいたというものだ。

もうお分かりのようにVTRに映りこんだ心霊は高確率で演出と言っていい。
VTRを盛り上げるための演出として、映像に心霊を入れることにしたのだろう。

ということで、結構な大騒ぎとなった「踊る!さんま御殿」の“心霊”であるが、それは話を盛り上げるための演出だった。

なぜ心霊が演出でなくホンモノと捉えられてしまったのか

344x176x45ed3e5a1e47deb9c5c01fdc
image: naver.jp/

 

さて、なぜ普通に考えれば演出だとわかる心霊がホンモノと捉えられてしまったのか?

その理由はVTRのたりーさんの後ろにはっきりと女性(心霊)が映っていたにもかかわらず、踊る!さんま御殿に出演者らはこのVTRのそれに触れずにいたためだ。

演出にしてもあれだけハッキリ映っていれば、出演者のひとりやふたりは悲鳴をあげてもおかしくはない。(これもまた盛り上げるためのテレビにおける演出として)

しかし、スタジオ内の出演者らがまったくその点をスルーしたことから、一部の人間は「あれ(心霊)が見えたのはもしかして私だけ・・・?」と錯覚してしまったのだろう。

このような背景もあって、VTRに映った心霊(演出)が「本物なのではないか?」と話題になったのだ。

とはいえ、VTRに心霊が100%演出と決まったわけではない。
すべてを知るのは日本テレビのみ。

可能性は極めて低いが、ホンモノの心霊が2月2日放送の「踊る!さんま御殿!!」に映ったとも考えられるのだ。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブキミディックとは

世界のあらゆる“不気味な情報”を管理人独自の視点でアップしていくサイト。ほら、あるじゃないですか?世の中には不気味な人、不気味な場所、不気味な画像。 ただし、当サイトは“不気味な情報”のみを専門に取り扱うものの、グロテスク関連ものを掲載するアングラ系ではありません。あくまで不気味な情報を掲載するコンテンツです。 それではごゆるりと。

Twitter@ブキミディック

管理人:comy

触れられるものはいつか滅びる。だからこそ、今目にしているすべての物事を自身のモノサシで測ってはもったいない。引き出しが足りないなら増やせばいいだけ。ありきたりな日々を作っているのは自分自身だ。

Link

return top