都市伝説で有名な夢の中の男「This man」の正体に迫る

thisman

日本の都市伝説でも話題となった、夢の中の男「This man」。

世界各地の人々の夢に現れるという夢の中の男「This man」は何とも不気味な表情をしているわけだが、果たしてこれは都市伝説なのかそれとも真実なのか。

今回はこの夢の中の男「This man」の正体に迫ることとした。

スポンサーリンク

ここ数年、世界各地の人々の夢に現れる「This man」

img_0
image: タンタンの闇サンクチュアリ

 

もはや都市伝説として有名な夢の中の男「This man」だが、その正体が噂されるようになったのは2006年のアメリカ・ニューヨーク。

同市で精神科医のもとに二人の男女が訪れた。

二人は別々に医師のもとに趣いており、互いに面識はない状態。しかし、彼らが医師に訴えた悩みの内容はまったく同じものだったのである。

その内容は夢の中に見たこともない男が繰り返し現れ、ときにはアドバイスをするというもの。

医師は二人の話の共通性に興味をもち、証言をもとにしてその男の似顔絵を作成する。結果は言うまでもなく、二つの似顔絵は驚くほど似たものだった。

これに驚愕した医師は仲間にこの件を話すと、さらに4人の患者が同じような夢に悩まされていることが判明。そして彼らの証言をもとに似顔絵を作成すると、これまた最初の似顔絵とそっくりだったのである。

これがきっかけとなり、医師たちは夢の中に現れる謎の男の正体を探るべく、本格的調査をスタートした。

スポンサードリンク

特設サイトの影響で夢の中の男は都市伝説化

This manの正体を探るべく医師たちは特設サイト「EVER DREAM THIS MAN?」を立ち上げ、世界中に情報提供を求めた。

するとわずか3年間で2000件にものぼる同様の夢を見た人々からの証言が集まる。

 

edtm
特設サイトのトップページ(キャプチャ)
image: http://www.thisman.org/

 

もちろん、それはアメリカだけではない。ヨーロッパをはじめ、ロシア、中国、インド、南アフリカなど、ほぼ世界全体に分布していたのだ。

この特設サイトの影響もあって、瞬く間にThis manの噂が世界に拡散。現状では完全に都市伝説化されているが、ここ日本でもThis manを見たという声もあるようだ。

夢の中に現れるということもあって、単なる都市伝説ではと思ってしまうが、実際に特設サイトなどもあることから完全否定することはできない。

そして、その正体が謎に包まれているため、どこから調査していけばいいのかもわからないのが現状だろう。

都市伝説の不気味な男「This man」の正体は…

都市伝説で有名となった「This man」の正体について、いくつかの仮説が提唱されている。

まず一つ目の仮説は「錯覚」
現状でThis manは世界の都市伝説レベルとなっていることもあり、その意識が夢の中の男を登場させたか、単なる錯覚・見間違いの可能性は十分に考えられる。そもそも夢は曖昧なものであり、その正体も潜在意識から作り出されたものかもしれない。
二つ目の仮説は「神秘的能力を持った者の仕業」
神の顔、他人の夢を渡り歩くドリーム・サーファーと呼ばれる超能力者といった神秘的な方向に寄った仮説も存在する。確かにThis manの正体が特殊な力をもつ超能力者であるなら、全世界に暮らす人々の夢に現れることだろう。
三つ目の仮説は「ネット上のデマ」
This manの正体はネットにおけるデマの拡散について調査するために、捏造されたとする節も。都市伝説には多くのデマが含まれるだけに、もっとも有力な仮説はデマと言っていいかもしれない。

以上が正体における仮説だ。

しかし、どの仮説が真実なのかはわからない。
なぜならThis manはこれについて何も語るはずがないからだ。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブキミディックとは

世界のあらゆる“不気味な情報”を管理人独自の視点でアップしていくサイト。ほら、あるじゃないですか?世の中には不気味な人、不気味な場所、不気味な画像。 ただし、当サイトは“不気味な情報”のみを専門に取り扱うものの、グロテスク関連ものを掲載するアングラ系ではありません。あくまで不気味な情報を掲載するコンテンツです。 それではごゆるりと。

Twitter@ブキミディック

管理人:comy

触れられるものはいつか滅びる。だからこそ、今目にしているすべての物事を自身のモノサシで測ってはもったいない。引き出しが足りないなら増やせばいいだけ。ありきたりな日々を作っているのは自分自身だ。

Link

return top