都市伝説「くねくね」の正体はいかに【怖い話】

kunekune

都市伝説や怖い話で有名となっている「くねくね」。

「くねくね」はその名のとおり、形こそ人の形をしているものの、関節を無視して自由自在に体全体をくねくねと曲げる“正体が謎の存在”だと言われている。

果たしてこの正体不明の存在は都市伝説や怖い話から生み出された想像上のものなのか、それとも実在する得体の知れないものなのか。

今回は都市伝説や怖い話で話題の「くねくね」の正体を探ることとした。

スポンサーリンク

自由自在に体を曲げる「くねくね」とは?

kune_kune_pic_complete
image: ばねとりこ

 

都市伝説および怖い話では鉄板となっている「くねくね」は、人型をしているものの、まるで風になびくように体全体を曲げることができる“謎の存在”である。

イメージとしては妖怪でお馴染みの「一反木綿」が近いかもしれない。これが人型をしたものがそれと考えていいかもしれない。

 

一反木綿(妖怪)

momen001
image: ゲゲゲの鬼太郎 妖怪横丁

 

信ぴょう性など皆無であるが、実際にこの不気味な存在が至るところで目撃されている。

どうやらこの存在は水田や川原など水辺で目撃されることが多いらしく、季節は夏が多いとのこと。そして、色は決まって“白”であり、最近では海辺や市街地での目撃情報もあるのだとか。

加えて、くねくねは遠方から(ある程度の距離を置いて)眺める程度には問題はないが、その正体が特定できるまでの近距離で目にしてしまうと精神に異常を来たすのだという。

つまり、単純にくねくねしている存在ではなく、見方によってはある種の呪いをかけられてしまうことになる。そのため、都市伝説や怖い話において話題となっているのだろう。

では、果たしてこの「くねくね」の正体は何なのだろうか。

スポンサードリンク

都市伝説「くねくね」の正体はいかに

簡単にくねくねの正体をまとめるなら、それはネット掲示板で生み出された「想像上の妖怪の類」と言っていいだろう。

事実、この不気味な存在が世間に認知されるようになったのは、「2ちゃんねる」のオカルト超常現象板に投稿された創作怪談の一つ。すなわち、これが流布の起源と言っても過言ではない。

が、正体がわからない存在だからこそ人々はそれを実在するかのように追求しはじめるものだ。

現在までに挙がっている「くねくね」の正体は以下のとおり。

  • 案山子(かかし)
  • 蛇神
  • 地方に伝わる土着信仰などに関連した妖怪
  • ドッペルゲンガー
  • 幻覚
  • 自然現象の誤認

どれも可もなく不可もなくな正体と言えるが、仮にくねくねをこの世で目撃した人間がいるのなら、純粋に“見間違い”である可能性が高いのではないだろうか。

畑などを荒らす獣を避けるために、ひらひらとした布などを纏った案山子などを遠目から見た場合、それを不気味な存在と認識してしまう可能性は十分にある。もちろん、近づいてその正体を確認してみたら案山子だったというオチになるわけだが・・・。

そんな見間違えのオチを都市伝説、もしくは怖い話へと創作し生まれたのが「くねくね」ではないだろうか。

怖い話でありながら写真や動画が存在しない

20030723-1
image: 風使いの館

 

「くねくね」が都市伝説、怖い話としてこれだけ注目されているにもかかわらず、その正体を確認できるような写真や動画はこれまでに存在していない。

つまり、あくまでそのような不気味な存在がいるという話でストップしているのだ。

もっとも正体を確かめるなら、その実物の写真や動画を確認した方が早い。しかし、その正体を確認できる材料がないため、あくまで現段階では「創作」としか言いようがないのである。

ただ、この正体を追求しようとする動きは盛んだ。

都市伝説や怖い話で鉄板となっていることもあり、「くねくね」の人気は計り知れない。事実、都市伝説や怖い話関連DVDなどの作品として発売されている。

この先、現実世界でそれの正体を撮らえた写真や動画が出回れば、都市伝説や怖い話の中に留まらず、それが実在する可能性はあるのだが・・・。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブキミディックとは

世界のあらゆる“不気味な情報”を管理人独自の視点でアップしていくサイト。ほら、あるじゃないですか?世の中には不気味な人、不気味な場所、不気味な画像。 ただし、当サイトは“不気味な情報”のみを専門に取り扱うものの、グロテスク関連ものを掲載するアングラ系ではありません。あくまで不気味な情報を掲載するコンテンツです。 それではごゆるりと。

Twitter@ブキミディック

管理人:comy

触れられるものはいつか滅びる。だからこそ、今目にしているすべての物事を自身のモノサシで測ってはもったいない。引き出しが足りないなら増やせばいいだけ。ありきたりな日々を作っているのは自分自身だ。

Link

return top