透視能力で事件解決…超能力捜査官ジェラルド・クロワゼット

gerard

ここ日本では“超能力捜査官”というと、海外における捜査官をイメージさせてしまうが、アメリカで超能力捜査官は特別めずらしいものではない。

むしろ、その超能力を発揮して事件解決を目指す動きが自然である。

特に透視能力で多数事件解決をしたジェラルド・クロワゼットはここ日本でも有名だ。

そこで今回は透視能力を武器に多数の事件解決をしたジェラルド・クロワゼットについて探ることとした。

スポンサーリンク

日本でも事件解決で有名なジェラルド・クロワゼット

世界的に有名なアメリカのFBIの捜査方法は型にはまらないことで知られる。

特に“超能力”を用いた捜査をすることはテレビドラマなどではお馴染みだが、実は現実世界でも超能力を用いた捜査が行われている。

これまでにいくつかの誘拐事件や失踪事件の捜査に超能力が用いられている。そして、“超能力捜査官”というポジションをはじめて日本に印象づけたのが、オランダ出身のジェラルド・クロワゼットである。

 

透視能力で事件解決をしたジェラルド・クロワゼット

13926376450064
image:bbs50.meiwasuisan.com

 

彼は国内外の数々の難事件を解決に導いている。

特に失踪事件解決のパーセンテージは80%と高く、同時にその透視能力の高さを世間に照明した人物としても知られる。言うまでもなくジェラルド・クロワゼットは優れた透視能力をもつ超能力者のひとりなのだ。

そのジェラルド・クロワゼットが来日したのは1979年のこと。未だ記憶に新しいという人も少なくないかもしれないが、テレビ朝日がオファーをかけたことが来日の理由だった。

番組内でジェラルド・クロワゼットは、「千葉県市原市少女行方不明事件」を透視した。
(※ちなみにこの時、同事件は彼が来日する3日前に起きたばかりだった)

ジェラルド・クロワゼットは一枚の写真から証拠の欠片を探る。

「車のスクラップの山が見える・・・」と透視した彼は、もう少女がこの世にはおらず、水死していると述べた。さらに少女の死体がある付近の特徴を挙げながらスケッチした。

その翌日、テレビの取材班が現場に向かったところ、少女の死体が発見された。そう、すべてはジェラルド・クロワゼットの透視能力どおりだった。

彼が透視を的中するまでの間、日本の警察は必死になって捜査していたことは事実。さらには地元有志らも協力して少女の行方を探していた。しかし、これらの努力は実ることなく事件解決への糸口は見えないままだったのである。

しかし、前述したようにこの件は彼の透視能力によって事件解決したのである。

スポンサードリンク

事件解決へと導くクロワゼットの透視能力を切り開く

gerard_croiset_in_actie
image:www.ru.nl

 

ジェラルド・クロワゼットは自分の透視能力について次のように語っている。

「最初は点でしかなかったものが、やがて線になり面になり、立体となって見えてくる」

イメージとしては“打ち上げ花火が広がる様子”なのだそう。

つまり、事件解決へと導く彼の透視能力はイメージが徐々に膨れ上がっていくのだろう。

また、彼の透視イメージには色がなく“モノクローム”なのだというが、「死体が関わってくるとカラーに見える」と語っている。

 

ジェラルド・クロワゼットの透視能力は多くの事件解決を果たした。それらの事件解決をまとめたものが、オランダのユトレヒト大学に保管されているのだという。

なお、それらのデータを保管しているのは同大学の超心理学者ヴィレム・テンへフ教授だ。

ジェラルド・クロワゼットは生涯、自身が持つ“透視能力”を解き明かすことにも尽力していた。そのため、彼はユトレヒト大学の近くに転居している。

なお、透視能力で事件解決へと導いたメカニズムは未だ不明のままだ。

ジェラルド・クロワゼットという超能力者

w0KYmwRchbQEmA5MAOkeK7GMlCI
image:mystere-et-insolite.lo.gsジェラール・クロワゼ(ジェラルド・クロワゼット、Gerard Croiset 1909年3月10日 – 1980年7月20日)はオランダの自称・超能力者(透視能力者)。

行方不明者などを超能力(透視能力で事件解決)で捜しだすと言われ、精神感応能力者(サイコメトラー、psychometrist)と呼ばれる分野の超能力者の先駆者となった。

しかし、彼の超能力捜査は失敗が多数あり、例えば、1966年のアデレード(オーストラリア)における幼児失踪事件の捜査は、完全に失敗している。その他、自分の成果であるように捏造している事もわかっており、彼を超能力者と呼ぶ事を疑問視する声も多い。

引用:Wikipedia


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブキミディックとは

世界のあらゆる“不気味な情報”を管理人独自の視点でアップしていくサイト。ほら、あるじゃないですか?世の中には不気味な人、不気味な場所、不気味な画像。 ただし、当サイトは“不気味な情報”のみを専門に取り扱うものの、グロテスク関連ものを掲載するアングラ系ではありません。あくまで不気味な情報を掲載するコンテンツです。 それではごゆるりと。

Twitter@ブキミディック

管理人:comy

触れられるものはいつか滅びる。だからこそ、今目にしているすべての物事を自身のモノサシで測ってはもったいない。引き出しが足りないなら増やせばいいだけ。ありきたりな日々を作っているのは自分自身だ。

Link

return top