謎だらけ…雪原・教会に残された“悪魔の足跡”

akumanoasiato

あなたは悪魔の存在を信じるだろうか。

イングランド南西部では雪原に悪魔の足跡とされるものが。そして、ドイツ・ミュンヘンの教会にも悪魔の足跡とされるものが残されている。

そこで今回は悪魔の足跡の真相について迫ることとした。

スポンサーリンク

イングランド雪原で発見された“悪魔の足跡”

1855年、イングランド南西部デヴォン州の雪原に奇妙な足跡が発見された。

同年の2月8日朝、デヴォン州の人々は外に出て目を見張ったという。なんと積雪の上に奇妙な足跡があったのだ。

足跡の長さは約10cm、幅約7.5cmでロバか馬の蹄に似ていたそうだ。これらは卜プシャムを皮切りにリンプストーン、エクセズなど近隣にも及んでいたという。

町の随所で発見された謎の足跡は、屋根や壁面をはじめ、高さ3m超の塀、柵に囲まれた中庭など近づくことが困難な場所を含め、約20cmの歩幅を変えることなく通過していたようだ。

 

 

発見された謎の足跡図

251px-Devonshire_Devil_Prints_1855-150x358
image: オカルト・クロニクル

 

 

画像を確認すると、どう見てもロバなどの足跡にしか思えないが、この足跡には不気味な点がある。それは動物であるなら2本の並行した足跡が残るはずなのに、これは一直線に続いていたのである。

スポンサードリンク

謎の足跡は「悪魔の通り道」を想起させた

町で発見された足跡は森を抜け、一晩で約160キロという距離を走破していることがわかったそうだ。

この足跡を現地の人々は“悪魔の足跡”と呼んだ。

なぜなら、このような足跡でできた道は古来、「悪魔の通り道」とされる。しかもその形がひび割れた蹄をもつという「悪魔の足跡」を想起させたからだ。

これにより人々は悪魔が町を訪れたと信じてやまなかったのである。

雪原に残された悪魔の足跡の話はこれで終わらない。

2009年、デヴォン州の民家裏庭の積雪に上に、馬の蹄に似た足跡が再び発見されたのだ。

なお、この悪魔の足跡の詳細は長さ約13cm、歩幅は28~43cm。周辺にはほかに不審な痕跡はなかったという。

結果としてこの足跡は研究家たちによって多くの推理がなされたが、せいぜい現存する動物の足跡にこじつける仮説しか掲示できていない。

 

 

再び雪原で発見された謎の足跡(現地の新聞記事)

jdevil_pageone_450
image: ナゾカレンダー

 

ミュンヘンの教会に残された「悪魔の足跡」

ミュンヘンでは有名な教会「フラウエン教会」にも悪魔の足跡とされるものが残されている。

 

doitu217
image: WA☆DAフォトギャラリー

 

同教会をすぐ入ったところにそれは存在し、一目でその足跡が異様であることを確認できる。なお、この悪魔の足跡にはさまざまな言い伝えがあるようだが、大きく分けると二つの言い伝えが。

 

1.悪魔が教会を破壊しようとした
フラウエン教会が建設されるとそれに悪魔が激怒。同教会を破壊しようと訪れるが、教会には一切窓がなかった。これに大笑いした悪魔は床に足跡を残し教会を去ったそうだ。やがて教会が完成し、再び悪魔が訪れたときには窓があることに気づく。ここで悪魔は自身が勘違いしていたことに気づき、またも激怒し強風で教会を破壊しようと試みるも失敗に終わったという。

2.悪魔が建設に携わった
フラウエン教会は悪魔がその完成に携わったという説がある。これをまとめると、同教会の建設を担当した建築が悪魔との協定を結んだものの、悪魔が教会に窓をつけるのを忘れていたため契約不履行に。これに激怒した悪魔はその教会に足を叩きつけた。それが現状の“悪魔の足跡”という説である。

 

このようにドイツのミュンヘンにある教会でもまた、悪魔の足跡は有名な話なのだ。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブキミディックとは

世界のあらゆる“不気味な情報”を管理人独自の視点でアップしていくサイト。ほら、あるじゃないですか?世の中には不気味な人、不気味な場所、不気味な画像。 ただし、当サイトは“不気味な情報”のみを専門に取り扱うものの、グロテスク関連ものを掲載するアングラ系ではありません。あくまで不気味な情報を掲載するコンテンツです。 それではごゆるりと。

Twitter@ブキミディック

管理人:comy

触れられるものはいつか滅びる。だからこそ、今目にしているすべての物事を自身のモノサシで測ってはもったいない。引き出しが足りないなら増やせばいいだけ。ありきたりな日々を作っているのは自分自身だ。

Link

return top