自然それとも人工構造?「オクロの天然原子炉」の真相

okuro

世界には解明することが困難な不気味なモノが多い。

特にアフリカのガボン共和国 オクロ地区にある「オクロの天然原子炉」はそのいい例だろう。

オクロの天然原子炉は自然が生み出した原子炉と言われているが、はたして本当にそうなのだろうか。

今回はオクロの天然原子炉とその構造や真相に迫る。

スポンサーリンク

発見されたウラン鉱山における不可解な点

ガボン共和国にある「オクロの天然原子炉(ウラン鉱山)」が発見されたのは1972年のこと。

ご存知のとおり、ウランは核燃料として原子力発言には欠かせない物質であるが、このウラン鉱山で発見されたウランは通常とは異なる特徴があった。

それは異常なまでに「ウラン235」が少なかったのである。

とは言っても、ウランにそこまで詳しくない方からすれば別にそれがどうしたんだ?という話だろう。が、そもそも天然ウランには決まった割合の同位体があり、ウラン234、ウラン235、ウラン238それぞれが詰まっている。

この状態が当たり前なのだが発見されたウランは違っていた。これがこのウラン鉱山における謎であり、自然現象が重なり合って起こった出来事なのか、何者かによってそういった形になったのか疑問が浮上するわけだ。

鉱山で発見されたウランにはウラン235だけが極端に減っていたわけだが、これはある反応が起こっていたことを裏付ける証拠でもある。

つまり、これはかつてこの鉱山で“核分裂反応”が起こっていたことを意味する。

では、その核分裂反応は自然現象によって起こったものなのか、それとも何者かが起こしたのか。この点を追求してみよう。

スポンサードリンク

あくまでオクロ鉱山で起きた“核分裂反応”は自然現象

002_m
image: GIGAZINE

 

オクロ鉱山を調査したフランスの原子力庁は、ここでは約17億年以上前に自然現象として核分裂反応が起き、それが約60万年間も続いていたと発表。

軽水炉の現象は理論的に自然界でも起こりえることは1950年代に立証されているが、偶然がいくつも重ならないと実現しない。はたして本当にそれら偶然が重なって核分裂反応が起きるものなのだろうか。これに対しては、その偶然が重なったという解釈する人もいれば、そんなことは有り得ないと解釈する人もいるはずだ。

が、疑問はそれだけではない。

現在の原子炉の運転はただでさえデリケートな管理が必要であるが、17億年以上前に60万年間も安定して核融合を続けることができたのだろうか。もはやこれこそが核分裂反応が自然現象によるものという説に抱く疑問のひとつだ。

もちろん、当時であってもこのウラン鉱山をコントロールできる何者かがいたとしたら話は別・・・。

そもそも当時の地球を考えれば、まだ大陸が生まれたばかりということもあり地殻変動が大きいだけでなく、大気も不安定だった気がするのだが・・・。

このようにオクロの天然原子炉には不可解な点が多い。

仮に偶然が重なり合って、オクロの天然原子炉ができたというならそれまでなのだが。

オクロの天然原子炉は何者かが作った可能性

001_m
image: GIGAZINE

 

言うまでもなくオクロの天然原子炉は超太古の原子炉である。

説明したように自然現象が偶然にも重なり合ってできたのならそれが真相だ。

が、我々地球の生命体よりもはるか上の文明を持った宇宙からの使者が、アフリカはオクロの天然原子炉で核実験をしていたとしたら。

今、ガボン共和国にあるオクロの天然原子炉は宇宙人によって作られたモノなのかもしれない。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブキミディックとは

世界のあらゆる“不気味な情報”を管理人独自の視点でアップしていくサイト。ほら、あるじゃないですか?世の中には不気味な人、不気味な場所、不気味な画像。 ただし、当サイトは“不気味な情報”のみを専門に取り扱うものの、グロテスク関連ものを掲載するアングラ系ではありません。あくまで不気味な情報を掲載するコンテンツです。 それではごゆるりと。

Twitter@ブキミディック

管理人:comy

触れられるものはいつか滅びる。だからこそ、今目にしているすべての物事を自身のモノサシで測ってはもったいない。引き出しが足りないなら増やせばいいだけ。ありきたりな日々を作っているのは自分自身だ。

Link

return top