最強にして最凶の秘術「アブラメリン魔術」のすべて

Abramelin

真の魔術の伝道者はこの世に存在するのだろうか。

現代世界でも魔術は知られているが、その効果は半信半疑である。

が、多くの魔術師および魔術を研究している者から認められている魔術師が存在した。

その魔術師とは「アブラメリン」。
真の魔術の伝道者として知られる彼が残した魔術は今となっても語り継がれる。

そこで今回はアブラメリン魔術に迫ることとした。

スポンサーリンク

「真正魔術」を生み出したエジプトの老賢者

o0300030011854362044
image: ameblo.jp/salomon72/

 

あなたは「真正魔術」をご存知だろうか?

真正魔術とは天使の加護を受けると共に、悪霊を召喚して使役にすることができる魔術だ。

しかし、この魔術はハイリスク・ハイリターンと言うに相応しい。成功すれば数え切れないほどの願いが叶うが、失敗すれば命を取られてしまう可能性がある。

いわば「真正魔術」とは最強でありながらも最凶なのだ。

このパワーに溢れた魔術を生み出した魔術師こそ、14世紀から15世紀にかけて、エジプトのナイル河畔に暮らしていたとされる「アブラメリン」である。

ちなみに真正魔術は「アブラメリン魔術」と呼ばれることもあり、彼が残した魔術における内容は一言で語り尽くすことはできない。

後にアブラメリン魔術はヨーロッパで知れ渡るようになるが、これを持ち込んだのはドイツに暮らしていたユダヤ人「ヴォルムスのアブラハム」という魔術師。

彼は真の魔術とは何かを探し求める旅をし、ヨーロッパから中東まであらゆる場所を回った。

ある日、エジプトの荒野を歩いていると、老賢者「アブラメリン」に出会う。アブラハムは老賢者を師とし、聖なる学問とアブラメリン魔術(真正魔術)を授けられたという。

スポンサードリンク

成功率がきわめて低い「アブラメリン魔術」

アブラメリン魔術にはさまざまな説がある。

一部では「西洋魔術」の源流になるカバラと同源異流の宗派と言われているが、これに関しては一切不明。何よりもアブラメリン魔術の詳細を知るのは、アブラメリン本人とその弟子であるアブラハムのみなのだ。

しかし、アブラメリン魔術で唯一わかっていることは、「同魔術を実行するには、26歳以上55歳以下の健康な肉体を持ち、いっさいの物事から邪魔されない場所で6ヶ月間の隠棲生活を送らなければならない」ということ。

言うまでもなく、アブラメリン魔術を実行するためには厳しい条件をクリアしなければならない。

さらに守護天使の加護を得なければ悪魔を使役するどころか、命を落としてしまう危険性が伴うというとんでもない魔術なのである。

なお、故郷に帰ったアブラハムは「アブラメリン魔術」を成功させた一人だ。

しかし、彼以外にアブラメリン魔術を成功させた魔術師は存在せず、この魔術を実行した者のほとんどが危険な目に遭っている。

当サイトで紹介している魔術師「アレイスター・クロウリー」もまた、アブラメリン魔術を実行しているが失敗に終わり、111匹の悪霊たちに取り囲まれたという。

最凶の魔術を生み出したアブラメリンとは何者だったのか

さて、アブラメリン魔術(真正魔術)をこの世に生み出したアブラメリンとは何者だったのだろうか?

その姿はアブラハムの著書「術師アブラメリンの聖なる魔術の書」に記されている。

 

The_Book_of_the_Sacred_Magic_of_Abramelin_the_Mage
image: en.wikipedia.org/

 

同書はアブラハムが学んだ「アブラメリン魔術」を次男であるラメクに伝えるべく書き残したもの。こういった内容から、アブラメリンが実在したのか疑問に思う人々は少なくない。

しかし、同書にあるアブラメリン魔術は、実践(失敗と恐怖)を通じて、多くの魔術師、魔術研究家が認めている。

そもそもアブラメリンは本当に人間だったのだろうか?

神の使い、いや神だったとするなら魔術など容易に使いこなせるはずだが・・・。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブキミディックとは

世界のあらゆる“不気味な情報”を管理人独自の視点でアップしていくサイト。ほら、あるじゃないですか?世の中には不気味な人、不気味な場所、不気味な画像。 ただし、当サイトは“不気味な情報”のみを専門に取り扱うものの、グロテスク関連ものを掲載するアングラ系ではありません。あくまで不気味な情報を掲載するコンテンツです。 それではごゆるりと。

Twitter@ブキミディック

管理人:comy

触れられるものはいつか滅びる。だからこそ、今目にしているすべての物事を自身のモノサシで測ってはもったいない。引き出しが足りないなら増やせばいいだけ。ありきたりな日々を作っているのは自分自身だ。

Link

return top