実在するか?懸賞金がかけれた“ツチノコ”画像の信ぴょう性

tutinoko

日本を代表するUMAと言うべきか悩むが、広島県比婆郡の「ヒバゴン」、北海道屈斜路湖の「クッシー」と共に有名なのが昭和生まれの「ツチノコ」といえよう。

ツチノコは1970年代からブームとなり、ニュース番組でも報道されたほど。実在するかの議論はもちろんのこと、目撃談があった場所にはマスコミが押し寄せ、「生きた状態で捕獲すれば懸賞金1億円」がかけられていることでも知られる。

しかし、本当にそれは実在するのだろうか?
確かにここ日本には何枚かの画像は残されているが・・・。

スポンサーリンク

縄文時代にツチノコは実在していた?!

 

全国にツチノコの存在が知れ渡ったのはつい最近のことと言っても過言ではない。だが、ツチノコ情報を調査してみると、その歴史は意外にも古いことがわかった。

なんと縄文時代の土器にはツチノコが実在と思わずにはいられない摩訶不思議な生き物の文様が確認できるだけでなく、誰もが知る「古事記」に登場する野の神「ノヅチ」もツチノコを指しているという意見がある。

さらに鎌倉時代の仏教説話集「沙石集」をはじめ、江戸時代の事典「和漢三才図会」にはツチノコが「ノヅチ(蛇)」なる妖怪として登場しているのだ。ちなみにその妖怪は人を襲って食べるなど凶暴かつ残忍な姿で記されている。

 

画像:「ノヅチ(妖怪)」

 

なかには画像や資料として残っていないものもあるが、昔はそれがあたかも実在していたものと思われる情報がいくつか残っているため、全国でブームになるのも頷ける。

とはいえ、懸賞金もかけられて知名度が抜群なわりにはこれまでに1枚たりとも画像などは撮影されておらず、そもそもツチノコなど実在しないという説が濃厚だ。では、なぜここまでのブームをもたらしたのだろうか?

スポンサーリンク

ある目撃談をきっかけにツチノコに懸賞金がかけられる

 

実はツチノコと呼ばれるようになったのは明治時代以降と言われている。漢字では「鎚の子」と書き、物を打ち付けるために用いる工具の「鎚」がその太くずんぐりとした胴体とよく似ているということから、「鎚の子」と名付けれたようだ。

ちなみにはじめて目撃された情報は定かでないが、名前の由来が明治時代以降ということから推測するにそれなりに古くから実在した生物といっていいかもしれない。

なお、目撃情報によると体長は30センチ~1メートル程度、体は黒、もしくはこげ茶、灰色をしているが腹は共通して黄色なのだという。また、背中には縞模様や斑紋があるようで、この点は実在する蛇によく似た特徴といっていい。

しかし、ツチノコは蛇に分類されると思いきや、蛇のように蛇行せず前後へまっすぐ移動したり、ときおり転がったり、2メートルほど飛び跳ねることもあるようだ。にわかに信じられないが一説によるといびきをかき、まばたきもするという。

ある日を境に目撃談が続出すると、以前の「ツチノコ・ブーム」が到来。特に目撃談が多い岐阜県東白川村と兵庫県但馬地方では捕獲懸賞金がかけられている。(※ちなみに懸賞金の過去最高額は兵庫県千種市(当時)の2億円)

日本中が追いかけてきた賞金首の正体は・・・?

 

懸賞金までかけられたツチノコだが、現在でも週刊誌やスポーツ新聞で報じられることがあり、地方では今もなお高額の懸賞金をつけられている。

これまでに実在するかを確かめるための調査が幾度となく行われ、現在も定期的に調査が行われているようだが、実在を証明する証拠は見つかっていない。そもそもツチノコが「アオジタトカゲ」を誤認したものとする説は根強い。

 

画像:アオジタトカゲ

 

事実、アオジタトカゲはツチノコ・ブームが到来した1970年代から日本で飼われるようになり、各地での目撃情報が増えた時期に一致する。また、以前に読売新聞社によって撮影されたツチノコとされる生物に“脚”があったことから、アオジタトカゲである可能性はきわめて高い。

さらに懸賞金をかけたことで知られる岐阜県東白川村の隣町では、ツチノコと誤認された生物がアオジタトカゲだと判明した騒動もあった。よって、ツチノコの正体は実在する「アオジタトカゲ」と考えるのが自然といえよう。

他にも蛇の奇形説、妊娠期の蛇を誤認した説、銅の短い蛇を誤認した説などがあげられる。

しかし、フジテレビ系「奇跡体験アンビリバボー」が放送した内容によれば、太平洋戦争当時の日本軍がそれを捕獲し、軍の研究所で飼育・観察していたとのこと。また、その放送では画質が荒いもののツチノコと思われる生物のモノクロ画像が公開された。

なお、その生物は死後解剖された結果、毒の成分から推測するに「実在するニホンマムシの亜種」だったそうだ。

はたして日本中が追いかけた“賞金首”の正体はトカゲ、もしくはマムシの亜種だったのだろうか。UMAをこよなく愛する者からすれば、その実在をどこまでも信じたいし、いずれ決定的な証拠画像がアップされることを願うばかりだ。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブキミディックとは

世界のあらゆる“不気味な情報”を管理人独自の視点でアップしていくサイト。ほら、あるじゃないですか?世の中には不気味な人、不気味な場所、不気味な画像。 ただし、当サイトは“不気味な情報”のみを専門に取り扱うものの、グロテスク関連ものを掲載するアングラ系ではありません。あくまで不気味な情報を掲載するコンテンツです。 それではごゆるりと。

Twitter@ブキミディック

管理人:comy

触れられるものはいつか滅びる。だからこそ、今目にしているすべての物事を自身のモノサシで測ってはもったいない。引き出しが足りないなら増やせばいいだけ。ありきたりな日々を作っているのは自分自身だ。

Link

return top