嘘か誠か?!超能力者ユリゲラーの“メタル・ベンド”

ここ日本では“スプーン曲げ”でお馴染みの超能力者ユリゲラー。

いわゆる彼は伝説のメタル・ベンダーであるが、その能力を信じる者もいれば嘘ではないかと疑う者もいる。

はたしてユリゲラーの超能力は本物なのか、それともトリック(嘘っぱち)なのか。

今回はメタル・ベンダーこと、ユリゲラーの真相を追う。

スポンサーリンク

スプーン曲げで話題のユリゲラーが人気を獲得した理由

ユリ・ゲラー
image: meter-maxnews.com

 

近年でもっとも注目された超能力者といえば、ユリゲラーと言って間違いないだろう。

人は彼を「今世紀最高の超能力者」と呼び、彼の代名詞でもある“スプーン曲げ”はもはや語るまでもないはずだ。

とはいえ、ユリゲラーは念力を用いたスプーン曲げだでなく、テレパシーをはじめ、透視、念写などの超能力も持っている。

また、数ある超能力者のなかで、彼ほど研究者たちから科学実験の対象になった人物はいない。

世の中には沢山の超能力者がいるにもかかわらず、なぜユリゲラーはここまで人気者となったのか。その理由はきわめて独創的な術にあると言っていい。故障していた時計が治ったり、スプーン曲げにしても、彼が行う手法は独創的なのだ。

特にユリゲラーの超能力で驚愕したのは、手を一切触れていないにもかかわらず、金属製の指輪を切断してみせたことである。

それだけではない。

手のひらで種を発芽させるなど、もはやスプーン曲げ以外の超能力も秀でているのだ。

 

手のひらで種を発芽させたときの写真

2041372_201408260001417001409061347c
image: oricon.co.jp

 

しかし、彼のスプーン曲げなどの超能力がすべて真実なのか、それとも嘘なのか。結局のところ、ユリゲラーは超能力者として証明されているわけでもないし、彼が持つ能力が嘘である証拠もない。

スポンサードリンク

嘘ではない?!ユリゲラーが超能力に目醒めるまでの経緯

ユリゲラーが持つスプーン曲げなどの不思議な能力は、幼少期から開花されていたようだ。

彼は小さな頃から母親が何を考えているのか読み取ったり、凝視しただけで時計の針を回すことができという。その他にもスプーン曲げはお得意のものだったらしく、曲げるだけでなく真っ二つに切断したこともできたそうだ。

また、幼少期はイタズラ心が働くということもあり、外食に出かけた際は他のテーブル客のスプーン曲げも行った経験があるという。

とはいえ、この頃のユリゲラーはまだその能力をコントロールすることができなかった。

事実、ユリゲラーが能力をコントロールできるようになったのは13歳の頃。その後、彼は学校の先生の心を読み取ることができ、カンニング法を習得していたらしい。

なお、ユリゲラーが持つ超能力について、こんな面白い説がある。

アメリカの超心理学者アンドリア・プハリッチは著書「ユリ・その不思議な力」の中で、「ユリゲラーは宇宙の統率者ナインの使者である。それゆえに超常的な力を持つのだ」と述べている。

 

ユリとプハリッチのツーショット写真

b0140046_1594560
image: middle-edge.jp

 

仮にこれが嘘でないのだとしたら、ユリゲラーは宇宙人ということになる。が、仮にそうだったとしても、それが嘘であるか確かめる術がない。

あくまでユリゲラーの超能力が本物なのか嘘なのかを探ることが重要といえよう。

ユリの正体は“宇宙人”だった?!

main_large
image: eiga.com

 

プハリッチが言う「ナイン」とは、異次元からやってきた宇宙人なのだという。

ナインは地球から5万3069光年も離れており、「スペクトラ」と呼ばれるスターシップに居住しているそうだ。そして、数千年にわたって地球を観察してきたという。

そしてナインは、ユリゲラーを「人類の救世主となるべく子どものときにプログラムした」とのこと。

事実、ユリゲラーは何度もUFO目撃しているし、写真にも収めている。嘘である可能性は高いが、完全に否定することもできない。

だからこそ、ナインなる存在が嘘でなく実在するとすれば、彼が目撃したUFOこそ“ナインの調査団”だったのかもしれない。

仮にユリゲラーがナインの使者だったとするなら、スプーン曲げなどの能力は嘘ではなく本物だろう。だが、彼が超能力者ではなく“マジシャン”だとしたら、能力は嘘(トリック)からなるものだ。

 

いずれにしても、ユリゲラーの超能力の全貌はいまだ明らかにされていない。

それが嘘であるのか本物であるのかはわからないままなのだ。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブキミディックとは

世界のあらゆる“不気味な情報”を管理人独自の視点でアップしていくサイト。ほら、あるじゃないですか?世の中には不気味な人、不気味な場所、不気味な画像。 ただし、当サイトは“不気味な情報”のみを専門に取り扱うものの、グロテスク関連ものを掲載するアングラ系ではありません。あくまで不気味な情報を掲載するコンテンツです。 それではごゆるりと。

Twitter@ブキミディック

管理人:comy

触れられるものはいつか滅びる。だからこそ、今目にしているすべての物事を自身のモノサシで測ってはもったいない。引き出しが足りないなら増やせばいいだけ。ありきたりな日々を作っているのは自分自身だ。

Link

return top