予言能力捜査官「ジョー・マクモニーグル」が見た“未来”とは

日本でもお馴染みの透視および予言ができる超能力捜査官「ジョー・マクモニーグル」。

彼は日本のテレビ番組に数多く出演し、リモートビューイング(遠隔透視)の能力者として知られているが、いかにして予言・透視などの超能力を身につけたのだろうか。

今回は超能力捜査官のジョー・マクモニーグルに迫る。

スポンサーリンク

マクモニーグルは幼少から能力者だった

282934091_640
image: Touch Device User Blog

 

マクモニーグルは幼い頃から危険を察知できる能力を持っていた。

その能力が開花したのは1964年、アメリカの陸軍に入隊したことがきっかけ。アメリカ軍兵として世界各地の洗浄を点々としたマクモニーグルは、いやおうなしに生きるか死ぬかの極限状態に幾度もさらされた。

実はこの経験こそが彼の能力に磨きをかけたのである。

その後、マクモニーグルは危機的状況を絶妙に回避する姿が噂になり、入隊して10年が経った頃、軍上層部から「スターゲイト・プロジェクト(超能力を軍事的に用いる実践的な計画)」に抜擢された。

彼はリモートビューワーの第一号として迎えられ、当時冷戦状態にあったソ連を対象に透視能力による諜報活動を命じられ、その透視および予言能力を存分に発揮することとなる。

スポンサードリンク

マクモニーグルの予言能力の精度

その諜報活動の中でも代表的なものは、1979年11月にイランで発生した「アメリカ大使館人質事件」だ。

マクモニーグルは大使館の間取り図を見ながら人質の居場所をはじめ、見張りの位置まで正確に言い当て、事件解決の立役者に。

なお、このような活動は退役までの9年間で4000件にものぼったそうだ。

そして、ここ日本でも驚きの予言能力を見せている。

もちろん完全な的中と言えない事例もあるが、時間軸のうえでも「透視」を行っていることは確か。マクモニーグルが予言した日本の情報は以下のとおりだ。

2015年
「この年までに東京の商業地区にある外国大使館がテロ襲撃を少なくとも3回受ける」
「日本の税率はほぼ倍になり、何もかもが課税対象になる」

やや曖昧な予言ではあるが、その可能性を十分に感じさせるものだ。

また、日本だけでなく彼は地球全体における予言も残している。

2016年
「小惑星が地球にニアミスする」
「細胞が成長して情報を記憶することができるようになる」

果たしてマクモニーグルはどこまで予言しているのだろうか。
できるならもっと詳しくここ日本を透視してもらいたいところだ。

世界の未来は明るいものではない

マクモニーグルが残した予言によれば、地球は以降、大きな戦争や天変地異、伝染病などで人類が激減すると述べている。

彼の透視および予言から今後の未来をイメージすると、どうやら明るいとは言えないようだ。

 

ジョー・マクモニーグル

2e32f47903aaf3b71c84d9add91bfe17
image: 伝承軌道上の事語り

1964年~
アメリカ・フロリダ州出身。日本ではFBI超能力捜査官として知られるが、表向きにはFBIとは無関係で軍の諜報部員である。

 

最後に彼が予言した日本の情報を画像と共に掲載しておく。

邪馬台国「卑弥呼」を透視した画像

CA332089

image: ∀NTI CHRIST


福島第一原発を透視した画像(事故後のメルトダウンを指摘)

9551446_orig
image: Shun Daichi

 


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • 秋宮薫
    • 2016年 8月 15日

    外れてるじゃん、、、

    • 管理人
      • 管理人
      • 2016年 8月 15日

      透視関連の人物におけるご愛嬌ということで・・・。汗

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブキミディックとは

世界のあらゆる“不気味な情報”を管理人独自の視点でアップしていくサイト。ほら、あるじゃないですか?世の中には不気味な人、不気味な場所、不気味な画像。 ただし、当サイトは“不気味な情報”のみを専門に取り扱うものの、グロテスク関連ものを掲載するアングラ系ではありません。あくまで不気味な情報を掲載するコンテンツです。 それではごゆるりと。

Twitter@ブキミディック

管理人:comy

触れられるものはいつか滅びる。だからこそ、今目にしているすべての物事を自身のモノサシで測ってはもったいない。引き出しが足りないなら増やせばいいだけ。ありきたりな日々を作っているのは自分自身だ。

Link

return top