ロマノフ朝を滅ぼした「怪僧ラスプーチン」

raspu

ロシア、そしてプーチンというキーワードから連想できる人物は現・ロシア首相のプーチンであろう。

しかし、ロシア・ロマノフ朝時代にも恐るべきプーチンがいた。

それは今となっても不気味な逸話が語り継がれる、怪僧ラスプーチンのことである。

今回はロマノフ朝を自由自在に操り、滅亡させた怪僧ラスプーチンに迫ることとした。

スポンサーリンク

グリゴリー・ラスプーチンの生い立ち

300年もの栄華をきわめたロマノフ朝の崩壊を言い当てた怪僧ラスプーチン。

 

Rasputin_pt
image: bushoojapan.com

 

本名はグリゴリー・ラスプーチン。
謎に満ちた逸話と奇怪な姿から“怪僧”と呼ばれた人物である。

シベリアの寒村に生まれたラスプーチンは、幼いころから一種の透視能力を備えていた。やがて彼はギリシャのアスフォン修道院をはじめ、トルコ、シリア、エルサレムを徒歩で巡礼し、放浪と帰郷を繰り返す中で、催眠術や病を治すヒーリング能力まで身につけたという。

難病すら治す奇跡的な治療は評判を呼び、ラスプーチンはついに皇帝に近づいた。そして、その世継ぎである皇太子アレクシスの血友病を治癒。皇帝夫妻から絶対の信任を得たラスプーチンは国政を左右する権限も掌握し、“影の皇帝”と呼ばれるようになった。

しかし、彼をよく思わなかった人物は数知れない。

それこそが“怪僧ラスプーチン”と名付けられることとなった発端と言えよう。

スポンサードリンク

ことごとく的中した怪僧ラスプーチンの予言

ついにロマノフ朝の“影の皇帝”とまで呼ばれるまでになった怪僧ラスプーチンだが、それを快く思わない者も多かった。

彼は怪僧ラスプーチンと呼ばれるだけある。この時、彼はその危機すらも予知しており、「私は1月1日以前に生を終えるだろう。その死をもたらすのが皇帝の手の者であれば。ご家族で2年以上生きる者はいないだろう」と書簡に残している。

1916年12月16日、彼の予言は現実となった。

皇帝の姻戚であるユスポフ侯爵を主犯とする暗殺計画が実行されたのだ。

だが、怪僧ラスプーチンは青酸カリが盛られた食事を平気でたいらげたばかりか、首や心臓をピストルで撃たれても死ななかった。

ユスポフ侯爵らは鉄棒でめった打ちにしたうえで縄で巻きつけた彼を川に投げ込んだ。

その検死の結果は「溺死」。そう、川に投げ込まれてからも怪僧ラスプーチンは生きていたのである。

ラスプーチンの死とロマノフ朝の最後

怪僧ラスプーチンの死後、ほどなくしてロシア革命が成った。ロマノフ朝は崩壊し、怪僧ラスプーチンの予言どおりに皇帝とその一族は全員が銃殺された。

このようにして怪僧ラスプーチンとロマノフ朝は最後を迎えたのである。

なお、怪僧ラスプーチンは多数の貴族、特に女性から厚い信頼を得ていた。以下が彼とその信者たちの集合写真だ。

 

545261d99ef84ff6a281eb185576b476
image: 南無煩悩大菩薩

 

次はニコライ2世一家の写真だ。

 

1b7577df38f42d3475093cab05fd2ad9
image:まりっぺのお気楽読書

 

長男のアレクシス皇太子の血友病を癒した怪僧ラスプーチンをロマノフ朝王宮に迎え、重用する。だが、前述したとおり、ラスプーチンの死後、ロマノフ朝崩壊とともに一家は処刑された。

なお、以下の写真はラスプーチンを暗殺したユスポフ侯爵。

 

Prince_Felix_Yusupov
image: Wikipedia

 

そして、ドミトリー大公。

 

8678db043ca25f7807352af757dd2669
image: 名のもとに生きて

 

二人は周到かつ徹底的な手段で不死身の怪僧ラスプーチンを葬った。

 

さて、ラスプーチンは本当に超能力者だったのだろうか。彼の情報を集めると予言者とも言えるしヒーラーとも言える。そして何よりも不死身という奇怪な能力の持ち主だ。

そしてロマノフ朝をコントロールしたまではいいが、なぜ暗殺計画を阻止することはできなかったのか・・・。予言を見て未来を変えることはできなかったのだろうか・・・。

いずれにしても彼の人生は謎に満ちている。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブキミディックとは

世界のあらゆる“不気味な情報”を管理人独自の視点でアップしていくサイト。ほら、あるじゃないですか?世の中には不気味な人、不気味な場所、不気味な画像。 ただし、当サイトは“不気味な情報”のみを専門に取り扱うものの、グロテスク関連ものを掲載するアングラ系ではありません。あくまで不気味な情報を掲載するコンテンツです。 それではごゆるりと。

Twitter@ブキミディック

管理人:comy

触れられるものはいつか滅びる。だからこそ、今目にしているすべての物事を自身のモノサシで測ってはもったいない。引き出しが足りないなら増やせばいいだけ。ありきたりな日々を作っているのは自分自身だ。

Link

return top