ロシア・西シベリア平原の“巨大な穴”における謎

bighole

世界中に点在する謎の“巨大な穴”。

もとから存在したものもあれば、突如として出現したものもある。

特に有名なものとしてはロシア・西シベリア平原にある巨大な穴だ。この穴は突如として出現したわけだが、その規模があまりにも大きすぎるのだ。

そこで今回はロシア・シベリアに突如現れた巨大な穴を探る。

スポンサーリンク

シベリア平原に突如出現した“巨大な穴”

ロシアの巨大な穴が発見されたのは2014年7月のこと。

ロシアの西シベリア平原のほぼ真ん中に位置する「ヤマロ・ネネツ自治管区」には、永久凍土に覆われた「ヤマル半島」がある。

大穴が発見されたのはこの半島であり、長径はおよそ100m、短径50m、深さは50~70mと推測された。

なお、その巨大な穴は突如現れたというから驚きを隠せない。

 

シベリア平原に突如として出現した大穴

00-top
image: Gigazine

大きいもので直径100mにもなる。

 

しかし、疑問点が浮かぶ。

巨大な穴ができているのはいいとして、掘り出された土はどこへ消えてしまったのだろうか?

もはやロシアに出現した巨大な穴は謎だらけなわけだが、穴の周囲はやや土砂で盛り上がっていたのみで、明らかに土の量が少なかったという。

そう、まるで陥没、いやポッカリと穴が空いたように・・・。

現状で有力とされているのは「隕石落下説」であるが、同地区の代表はそれを否定している。

はたしてこの巨大な穴はどういった目的で出現したのだろうか。これだけの規模をもった穴でその原因が隕石落下によるものなら、さすがに誰かが気づくと思うのだが・・・。

スポンサードリンク

謎に包まれているロシアの巨大な穴

謎だらけと言っても過言ではないロシアの巨大な穴だが、いくつかの特徴が見て取れた。

ひとつは穴の壁がまるで研磨でもされたかのように滑らかであること。

もうひとつは、穴そのものが「鋭角な円筒形」をしていることだ。

 

大穴の壁の表面を写した画像

img_ed991aa344a7a0f9590f2b75659aaff5213132
image: AFP

穴はきれいな円形で内側は滑らか。内壁はまるで鋭利に切り取られて磨かれたようなイメージ。

 

おまけにクレーターの内部は濃い色をしていて、緑はまるでとてつもなく強力な炎で焦がしたような印象。

つまり、ロシアで発見された巨大な穴は、自然が作り出したと言い難いのである。そう、むしろ人工的な穴と考えた方が合点がいくのだ。

ちなみに「北極圏研究センター」と氷雪における権威者たちが、現地の土などを採取し分析している。その結果は、「地下から“何か”が噴出したことで自然に形成されたものだ」とコメントしただけだった。

むしろ、その何かを具体的に説明してほしいのだが・・・。

なお、サンプルから「未知の大気が検出された」という情報が流出したこともあったが、その信ぴょう性は不明。しかし、その流出騒動によって、ロシア政府が強大な穴の真相を隠蔽している可能性が浮上した。

やはりロシアに突如現れた巨大な穴は公にできない“何か”と関連しているのだろうか。

シベリア平原で新しい穴が続々と発見される

ロシアの巨大な穴に関するニュースはそれだけではなかった。

7月28日付の「シベリアン・タイムズ」は巨大な穴における続報を掲載し、疑惑のロシアの地には第2、第3の巨大な穴が発見されたという。

同報道によると、新たに見つかった穴は最初のものと比較すると小粒で、直径15mのものと直径4mのものとのことだ。

 

新たに発見された大穴

20150226030441975
image: 新華ニュース

141122_russianhole1
image: GIZMODE

 

しかし、第3の穴だけでは専門家たちの興味を引くこととなった。

なぜなら深さが60~100mと推定されており、分析によると「人工的なものではない」という結論もあれば、「自然に形成されたようにも見えない」という声も出ている。

おまけに2015年3月には、また新しい巨大な穴が発見されたとの情報が入った。

その情報を提供したのは、ロシア科学アカデミー石油ガス研究所のバシリ・ボゴヤフレンスキー副所長。

彼によると、「シベリア東部ヤクチア地方で、直径1キロの巨大な穴が出現した」とのことで、これまでに報告されているロシアの巨大な穴の合計は7個となった。

しかしながら、現在もロシアで発見され続ける巨大な穴がいかにして生じたのかわかっていない。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブキミディックとは

世界のあらゆる“不気味な情報”を管理人独自の視点でアップしていくサイト。ほら、あるじゃないですか?世の中には不気味な人、不気味な場所、不気味な画像。 ただし、当サイトは“不気味な情報”のみを専門に取り扱うものの、グロテスク関連ものを掲載するアングラ系ではありません。あくまで不気味な情報を掲載するコンテンツです。 それではごゆるりと。

Twitter@ブキミディック

管理人:comy

触れられるものはいつか滅びる。だからこそ、今目にしているすべての物事を自身のモノサシで測ってはもったいない。引き出しが足りないなら増やせばいいだけ。ありきたりな日々を作っているのは自分自身だ。

Link

return top