レプティリアンと有名人(芸能人)の接点を紐解く

rep

有名人や芸能人のほとんどがレプティリアン(爬虫類人)という噂は世界共通だ。

これまでにレプティリアン疑惑が浮上している有名人や芸能人は数え切れないほどいるわけだが、その真相は暴かれていない。

レプティリアンが実在すると政府から公表されたのなら、われわれ人間のそれに対する捉え方も変わってくると思うが、残念ながら都市伝説レベルの話しでしかないのだ。

しかし、レプティリアンが実在するかもしれない証拠は各地に転がっている。

今回はレプティリアンと有名人(芸能人)における接点に迫ることとした。

スポンサーリンク

真意のほどは…?数々のレプティリアンにおける証言(証拠)

まずは世界的に知られる有名人と言っても過言ではない、アメリカの元大統領ジョージ・ブッシュに浮上するレプティリアン疑惑から。

 

Bush_fath
image: fortune-tao.com

 

以下はブッシュがレプティリアンである証拠(証言)。

 

私はアメリカで、爬虫類的人間を目撃した経験を持った色々な人たちに多く出会っていました。その中には政府のマインド・コントロール計画の実験の犠牲者がかなり含まれていました。その目撃者は、アメリカの政治家や権力者、ブッシュ大統領の父親、つまりは元大統領が爬虫類的人間に変身したと証言しています。

引用: 書籍「2人だけが知っている世界」

 

直接、ブッシュがレプティリアンと言っているわけではないが、父親がレプティリアンだったということでその息子であるブッシュもそうである可能性が高いということだろう。

 

続いてのレプティリアン疑惑が浮上する有名人は「イギリス王室の人々」。

 

ddcc4e07
image: tenkataihei.xxxblog.jp

 

実はその疑惑を暴露しようとしたのは故・ダイアナ妃だったことはあまりにも有名。彼女は“消された”という説が根強く、同時にイギリス王室における爬虫類人疑惑も強まっている。

そんな証拠を語ったのはダイアナ妃の元ヒーラーだった女性だった。

 

彼女はこう言葉を続けました。「英国の王室というのは、ヨーロッパ中の王室と関係があるのです。彼らは爬虫類人種と人間との間で生まれた混血児の血の血統だということです。ダイアナ妃が英国王室に対して付けていたあだ名は、トカゲとか、ヒキガエルとか、爬虫類だったのです。彼女がほんとに真剣な顔をしてよく言っていたのが『彼らは人間じゃない』っていうことです。」

引用: 書籍「2人だけが知っている世界」

 

これら以外にも世界における主要国の政府や有名人(芸能人)にレプティリアン疑惑が浮上している。

そう、「有名人=レプティリアン」という構図が出来上がりつつあるのだ。

スポンサードリンク

レプティリアン疑惑のある有名人(芸能人)リスト

それでは世界におけるレプティリアン疑惑が浮上している有名人(芸能人)を紹介したい。

最初に断っておくが、以下のリスト(動画)はあくまで“疑惑”であり証拠につながるわけではない。それを理解した上で閲覧いただきたい。

 

正体は“爬虫類人”の有名人(芸能人)

 

いかがだっただろうか。

もしこの動画が事実なら、世の中の有名人(芸能人)のほとんどは爬虫類人ということになる。

以前は世界的な有名人(芸能人)における噂が注目されていたが、ここ最近では日本における有名人や芸能人における噂も浮上している。

いずれにしても、「有名人=レプティリアン」の構図が確実なものとするなら、ここ日本におけるトップも爬虫類人だらけなのかもしれない。

今さら聞けない?!爬虫類人の見分け方

最後にレプティリアンの見分け方について解説しておく。

実際のところ、それの見分け方に関する情報は諸説あるため、これだと一概に断定することができない。

しかし、それらの情報をまとめて総合的に判断すると、以下の特徴を持っている人物こそが爬虫類人である可能性が高いとのことだ。

 

 

爬虫類人の見分け方(特徴)

・瞳の色がグリーン、ヘーゼル、ブルーのいずれか。
・髪の色が赤毛、もしくは赤みがかっている
・低血圧であることが多い
・視力と聴力がスバ抜けて良い
・ESP超感覚的知覚を持っている
・UFOとの接触経験がある
・宇宙や科学に詳しい、もしくはその情報を好む
・目つきが非常に鋭い
・自分自身が別の生命帯ではないかと思っている
・特殊能力を持っている
・身体に謎の傷跡が見られる

 

 

基本的に顔つきが爬虫類のようで、時々シェイプシフト(元の爬虫類の姿に戻る)するとのことだ。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブキミディックとは

世界のあらゆる“不気味な情報”を管理人独自の視点でアップしていくサイト。ほら、あるじゃないですか?世の中には不気味な人、不気味な場所、不気味な画像。 ただし、当サイトは“不気味な情報”のみを専門に取り扱うものの、グロテスク関連ものを掲載するアングラ系ではありません。あくまで不気味な情報を掲載するコンテンツです。 それではごゆるりと。

Twitter@ブキミディック

管理人:comy

触れられるものはいつか滅びる。だからこそ、今目にしているすべての物事を自身のモノサシで測ってはもったいない。引き出しが足りないなら増やせばいいだけ。ありきたりな日々を作っているのは自分自身だ。

Link

return top