イラン発!体長7cmの小人族画像はホンモノなのか

kobitozoku

世界各国には“小人族”が実在したかのような資料などが残っているが、イランで発見された体長7cmの小人と思われるミイラ画像は世界に衝撃を与えた。

しかし、この画像がホンモノであるかは謎のまま。

今回はイランで発見された小人族のミイラ画像について迫る。

スポンサーリンク

イランのシャーダ遺跡で発見された小人のミイラ

2005年8月、イランのグディスにあるシャーダ遺跡で、不気味なミイラが発見された。

ミイラの体長は25.4cmで保存状態も良好。不気味な点は法医学検査で16~17歳で亡くなった若者と判明したこと。

 

画像:発見された体長25.4cmのミイラ

fe9b9a17b3160f69d43f19c7b1d01cfda7c118a7
image: 宇宙と地球上の出来事

 

新生児にしても小さなミイラが成人だというわけだ。

さらにこのミイラは現地で「ドワーフ(小人)の都市」と呼ばれる遺跡を発掘中に発見されている。

遺跡からは高さ80cmにも満たない壁をはじめ、小さな通路・室内の壁、天井のほか、かまどや棚に至るまで明らかに居住に使用した空間の痕跡まで散見された。

 

画像:発見された遺跡

img_1
image: strange world

 

シャーダ遺跡全体はイスラム侵攻以前のササン朝ペルシア期(3~7世紀)のものだとされるが、小人族集落について地元紙は「5000年前に繁栄したドワーフ=小人の都市である」と報じている。

スポンサードリンク

シャーダ遺跡で発見された小人族画像とその真相

作家のジャック・チャーチワードは小人と思われるミイラ画像や遺跡について次のように語っている。

「シャーダの村で発見された遺跡の建物の大きさや形状を見ても、『ガリバー旅行記』に出てくるリリパッド人が住んでいた町だったのではないかと思ってしまいます。不思議にも彼らの小さな家のドアは土で塞がれており、まるでどこかに一時的に非難しており、やがてこの町に戻ってこようとしていたかのようです。」

つまり、小人族は滅んだのではなく、どこかに移住したのかもしれないということ。

地元の人類学者たちは小人族の存在について否定的だが、小さすぎる遺跡の生活痕については見解を保留しているという。

なお、シャーダ遺跡の全容解明に向けて地元のケルマーン州警察や、イラン文化遺産および観光機構(ICHTO)が本格的な調査を開始しているが、真相はいつか明らかになるのだろうか。

2013年には超小人族のミイラが発見されている

ちなみに2013年8月にはイラン国内の別遺跡から体長約7cmの超小人族と思われるミイラが発見されている。

 

画像:体長わずか7cmのミイラ

20150206061502

20150206061527
image: オレ達の都市伝説

 

シャーダ遺跡の小人族との関連は不明だが、古代のこの地に小人族が存在していた可能性はさらに高まったといえよう。

そもそも小人族が暮らしていたかのような空間が遺跡から見つかっている時点で、こびと族がそこに暮らしていた可能性を考えたほうが調査を進め易いのではないだろうか。

小人族などおとぎ話の存在と思ってしまいがちだが、イランで発見されたミイラや遺跡の情報を目にするとそれが空想ではなかったと希望を膨らませてくれる。

もちろん、これらの情報や画像だけで小人族が実在する証拠にはならない。

しかし、小人族という考えを捨てて、かつては異常なまでに体調の小さな人間が暮らす土地があったと考えれば新たな事実が歴史のページに加わる可能性も。

オカルトなどをこよなく愛する人にとって、イランの小人ミイラ画像や関連情報はロマンを感じさせてくれるいいニュースとなりそうだ。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブキミディックとは

世界のあらゆる“不気味な情報”を管理人独自の視点でアップしていくサイト。ほら、あるじゃないですか?世の中には不気味な人、不気味な場所、不気味な画像。 ただし、当サイトは“不気味な情報”のみを専門に取り扱うものの、グロテスク関連ものを掲載するアングラ系ではありません。あくまで不気味な情報を掲載するコンテンツです。 それではごゆるりと。

Twitter@ブキミディック

管理人:comy

触れられるものはいつか滅びる。だからこそ、今目にしているすべての物事を自身のモノサシで測ってはもったいない。引き出しが足りないなら増やせばいいだけ。ありきたりな日々を作っているのは自分自身だ。

Link

return top